2016年09月04日

予約制の医者

何かと医者に掛かることが多い。その中でも、歯医者は、随分と前から予約制をとっているところが多い。一般的に歯が悪いという場合において、今日行っても明日行っても、そんなに急ぐこともないという状況が多いからだろう。
それに、予約制にした方が患者も待つ時間が少なくて済むし、医者もどの患者が来るか予め把握できるので、治療方針などを事前にチェックできるなどの利点がある。

しかし、こういう予約制にしているところであっても、急患に関しては行けば診てくれるというのが一般的であったが、近頃では、急患であっても予約しないと受け付けないと、あくまでも予約にこだわっているところが多い。

急患というのは、患者の側からすれば、予約どころか、今すぐにでも診てもらわないと困るという状態である。歯の痛みで一日も猶予がないというような場合があるからである。
こういう場合においても、予約制があるからと、急患を受け付けないのは、いわばタクシーの乗車拒否みないなもので、診療拒否と言わざるを得ない。
posted by 柴犬 at 07:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。